Mint60の組み立てに必要なもの

この記事ではMint60の組み立てに必要なものとあったら便利なものについて説明します。

組み立てに必要なもの

はんだごて

電子工作に必須な工具の一つです。
高温のこて先でハンダを溶かして部品をくっつけます。

安いものから高いものまでピンキリですが、実は「いいものを使うだけで半田付けが上手くなる」と言われる工具の一つです。
安い半田ごてには温度調整機能がないものが多く、意図的に水に濡らしたりして自分で温度を調整しないとこて先が高温になりすぎて、上手く半田付けができなかったりします。

なので初心者の方ほど温度調整機能付きの半田ごてを使ってください。
最近は温度調整機能つき半田ごてを貸し出してくれるFabスペースも多くありますし、これからも使う予定がありそうならすごくいい買い物だと思います。

オススメは白光FX600です。
金額もお手頃で温度調整機能つきさらにLEDで温度状態もわかります。

HAKKO FX600

さらに余裕があればこて先を変えると作業しやすいかもしれません。
私がキーボードの組み立てに愛用しているのは 白光 こて先 2C型 です。先が平らに潰れているので扱いやすいです。

白光 こて先 2C型

 

コテ台

半田ごてを置いておく台です。 コテ先のクリーナーには水を吸わせるスポンジ型と金属のスポンジの2種類あります。

水を吸わせるほうが安いですが、金属製に比べてコテ先を綺麗にしにくい、いちいちコテ先の温度が下がるという問題があります。
今後頻繁に半田ごてを使う場合は金属製にしておくとストレスを感じにくいです。

goot はんだごて台

HAKKO コテ台

 

はんだ

はんだには大きく分けて二つ、有鉛はんだと無鉛はんだがあります。
初心者の方には有鉛はんだをオススメします。
無鉛はんだは溶けにくく、はんだづけがやや難しいため
です。

goot 鉛入りはんだ

 

ニッパー

余ったダイオードの足やLEDを切るのに使います。
ニッパーもピンキリですが、切った瞬間に針金が飛んだりするので気をつけてください。

私はパーツの飛散防止用パッドがついたニッパーを愛用しています。

TAKAGI キャッチングニッパー

 

組み立てにあると便利なもの

エポキシ接着剤

自作キーボード界隈で有名な悲劇として「MogeMicro問題」があります。
自作キーボードのデファクトスタンダードとなっているProMicroですが、MicroUSBコネクタがもげやすいという欠点があるのです。
これを防止するために組み立て時コネクタ部分をエポキシ接着剤で固めてしまうという手段がよく使われます。

ProMicroのモゲ防止ついでにQMK_Firmwareを書き込む

 

はんだ吸い取り線

ハンダをミスった時に吸い取るためのものです。
ミスらない限りは必要ないですが、ミスは往往にしてあることなのであった方がいいかも知れません。

goot はんだ吸い取り線

 

以上が組み立てに必要な工具類です。
Fabスペースで貸してくれるものも多くあります。

これさえあればあとはキットを買って組み立てるだけ!!

 

 

 

About

Lilakey(リラキー)は日々に彩りを加えるお花屋さんのようなキーボード屋さんです

Docs

Mint60の組み立てに必要なもの

Mint60の組み立てに必要なもの

この記事ではMint60の組み立てに必要なものとあったら便利なものについて説明します。
Mint60キーマッピングの変更方法(Remap使用)

Mint60キーマッピングの変更方法(Remap使用)

Remapを使用したキーマッピングの変更方法について説明します。

Mint60とは

Mint60とは

ここではMint60がどんなキーボードなのかご紹介したいと思います。